ごあいさつ

Greeting
上田辰哉社長

人々が健やかな暮らしを育むため
安定した食を提供すること

 

 

青果物は日本人の健康の源であり、豊かな生活の根幹でもある「食」に無くてはならない存在です。平成5年2月、熊本上田青果は、ここ熊本の地で生まれました。創立以来、地元熊本はもちろん、九州、日本全国に向けて、新鮮な青果の安定供給を行うべく日々努めて参りました。

 

私たちの経営理念は「青果の安定供給により、生産者さま、お客さまの生活を潤し、こころを満たす」こと。生産者と食卓を繋ぐ専門業者として、皆さまの彩りある生活を、農家を守ることが、日本の農業全体の保守・発展に繋がることであると考えています。

 

最近では新しい取り組みとして、外国人技能研修制度を取り入れています。海外に専用の宿舎を構え、現地の外国人に日本の農業技術を実際に体験しながら身につけていただくことで、その国の「食」を支える生産販売者を育成しています。

 

世界に目を向け、日本の農生産システムを伝える活動を通して、安心の「食」を広め、より多くの人々に生活を潤し心を満たすことが何より大切な我々の使命であると考えています。

代表取締役社長